SVPの取扱説明書

From SmoothVideo Project
Jump to: navigation, search

EN.png English
CN.png 中文
RU.png Русский
作動の仕組みビデオプレーヤーのリストインストール及びアップデートライセンス認証フレームレートを増加させる映像のリサイズ黒色の帯を照明するオンラインビデオを観るアンビエント発光ダイオード照明他の機能SVPの詳細設定問題を解決するよくある質問

SVPは、Windows, macOS及びLinuxプラットフォームに対応した人気のある多くのビデオプーレヤーに再生されるとき、映像の動きをより滑らかにするプログラムです。SVPの主な目的は中間フレームを追加して映像のフレームレートを増加させることです。このプロセスは動き補間、あるいはFRC (「frame rate conversion」、フレームレート変換)と呼ばれています。補間のおかげで映像の動的な鮮鋭性が改善し、物体の動きがより滑らかになります。

動作の仕組み

SVP は、ある対応したビデオプレーヤーに映像再生がスタートすると、動作中に映像処理する特別なソフトウエアモジュールをビデオプレーヤーに統合します。

SVPは、記録された映像のフォーマット、望ましい結果、ユーザーの個人的な嗜好またハードウェア仕様に応じてモジュールに中間フレームの算出オプションを伝えることによってモジュールを管理します。

SVPは追加の映像処理もできます。例えば

  • 黒色の帯の検索及びクロップ
  • 映像スケーリング
  • 黒色の帯の照明
1en.png

SVPがない場合ビデオプレーヤーの動作

2en.png

WindowsでDirectShowに対応したビデオプレーヤーの場合、 追加のフィルターのリストにffdshow フィルターが追加され、このフィルターはAvisynth インターフェイスを使用しSVP のモジュールをロードします。

3en.png

WindowsでDaum PotPlayerの場合、 ffdshow のロードが要りません。直接にAvisynthで共に動作することができます。

4en.png

mpv及びmpvに基づくすべてのビデオプレーヤーの場合、Vapoursynthインターフェイスを使用してSVP のモジュールをロードします。

5en.png

Windows、macOS及びLinuxでVLCの場合、付いた「deinterlace」フィルターの代わりにSVPフィルターを入れて、そのフィルターがVapoursynthインターフェイスを使用しSVP のモジュールをロードします。


モジュールをうまく統合するため、同じユーザーアカウントでビデオプレーヤーもSVP も実行してください。例えば、Windowsで管理者権限でビデオプレーヤーを実行しても、SVPは管理者権限で実行しない場合、もしくは逆の場合、動作できません。

YouTubeまたCrunchyrollなどウェブサイトからウェブブラウザでビデオを再生する時に SVPは動作しません。このようなビデオのフレームレートを増加させるため、SVPに対応したビデオプレーヤーのいずれかでビデオストリームをオープンする必要とします。このためにSVPtubeモジュールが作成されています。「オンラインビデオを再生する」を参照してください。

ハードウェア要求

SVPは、セントラルプロセッサ(CPU)もグラフィックスプロセッサ(GPU)も利用されています。実施特徴のため、負荷の大部分をCPUが受けるので、ビデオのフレームサイズが大きければ大きいほど高性能のCPUが必要です。.

Video format Minimum CPU requirements Recommended CPU requirements
Less 以下 FullHD (DVD, HD Ready) Intel Atomのシーリズ以外どんなプロセッサでも Intel Pentium (コア2)
Full HD (1080p) Intel Pentium (コア2)
  • Intel Core i5 (コア4)
  • AMD Ryzen 3
  • AMD FX (コア6)
Ultra HD (4K, 2160p) Intel Core i7 (コア4)
  • Intel Core i7 (コア6)
  • AMD Ryzen 7 (コア8)

SVPは、 グラフィックスプロセッサ(GPU)を利用せずに動作できますが、この際に中間フレームの算出の質が悪化するし、CPUの性能に対して要求もより厳しくなります。そのため、GPUを利用することを強く推奨します。その性能は高くなくてもかまいません。例えば、6型番のIntel Coreのプロセッサに組み込んだGPUが4K@60 fpsまで中間フレームを算出できます。

madVRまたmpvで「opengl-hq」のモードなど上質のビデオレンダラー(「renderer」)を使用する際、ミッドレンジの専用のGPUを必要とします。

ソフトウェア要求

SVPが動作するには、オペレーティングシステムが次のいずれかが必要です。

  • Microsoft Windows XP以降。mpv、VLCまたSVPtubeの場合、少なくWindows 7が必要です。
  • Apple macOS 10.11 「El Capitan」以降。
  • 2015年版より以前の Linux 64-bit版で、Ubuntu 16.04が望ましいです。

すべてのビデオプレーヤーに対応したSVPの完全版をインストールするには、200MBのディスク空きスペースが必要になります。

Arrow-right.png ビデオプレーヤーのリスト